口臭の原因

口の臭いが気になる人必見!口臭の原因と予防方法をご紹介!

こちらの記事では口臭の原因や、今すぐできる口臭の予防方法について解説していきます。口の臭いが気になる…そんなあなたは口臭を発生させる原因を自ら作り出しているかも知れません。

 

自分の口臭に不安があるというあなたはぜひこちらのページで臭いの原因チェックしてみてください。口臭の悩みを克服するきっかけとなれば幸いです。

 

口臭が出てしまう5つの原因について

まずは口臭が出てしまう原因から確認していきましょう。果たしてどのようなことがきっかけで匂いが発生してしまうのでしょうか?

 

口臭の原因@:口の中が乾燥している

唾液には口の中を綺麗にする役割(洗浄)がありますので、減ってしまうと洗浄等の作用が低下してしまい細菌が増えて臭いもきつくなってしまいます。

 

口臭の原因A:臭いの強い食べ物を食べた

臭いの強い食べ物を食べた時にも、血液の中に消化吸収された後に、肺を通して口や鼻から出てきてしまう事もあります。

 

口臭の原因B:喫煙やコーヒーを飲む習慣がある

煙草のヤニや珈琲の成分は舌の突起に付着しやすく、付着すると口をすすいだり歯を磨く程度では落ちず舌をブラッシング等する事でようやく落とせるくらいの頑固さです。それが細菌のもととなり口臭となってきつく発してしまいます。

 

口臭の原因C:ストレスを抱えている

ストレスを抱えると副交感神経の働きが低下する為に、唾液の分泌が減ってしまい、口臭が強くなります。

 

口臭の原因D:病気である可能性も…

感染による炎症が鼻やのどにあったりする事で、口の中に膿みが流れ込み口臭となる事もあります。

 

その他、逆流性食道炎や肝機能低下や腎機能低下、糖尿病・悪性腫瘍など色々可能性も考えられるとされています。

 

口臭の原因から見る7つの効果的な予防方法をご紹介!

それでは口臭を克服するためにどのような事を意識すれば良いのでしょうか?今すぐできる予防方法をこちらで解説していきます!

 

歯みがきと併せて舌みがきも実践してみる

歯みがき時にももちろん隙間などしっかり磨くことも重要ですが、併せて舌みがきも実践してみましょう。

 

舌苔に付着しているものが口臭となる場合もあります。但し、舌みがきは優しく行うようにし、決してゴシゴシと強く擦るなどは避けましょう。

 

水分を取るなどして口の中を常に潤った状態にする

口の中が渇くと殺菌が繁殖しやすくなります。水分を取り、口の中を潤しておく事がお勧めです。

 

タンパク質の摂り過ぎに気を付ける

タンパク質は私達の体には必要な成分でもありますが、摂取し過ぎるのは良くありません。

 

タンパク質がうまく分解されずに口臭となったりしますので、バランスには気をつけましょう。

 

喫煙やコーヒーを控える

喫煙やコーヒーを楽しむかたは、通常のかたよりも口臭が発生しやすくなります。

 

まずは控えめにするという事を心がけて、なるべく喫煙後やコーヒーを飲んだ後は、舌ブラッシングをする事をお勧めします。

 

ストレスの発散を心がける

ストレスは口臭だけでなく、全体に影響を及ぼします。程よく発散し、ストレスを溜め込まないようにする事が口臭予防でもあり、健康の秘訣でもあります。

 

口臭ケアグッズを使ってみる

口臭ケアグッズを利用するという事も対策として効果的です。

 

舌専用ブラシやマウスウォッシュを始めサプリで体内からアプローチするものまで色々あります。継続しやすいものを選び、歯みがき等に別途行うケアとして常備しておくと良いでしょう。

 

それでも治らない時は歯医者や病院へ…

色々試してみても口臭が治まらない場合には、一度歯科医等病院を訪れて相談してみるのも良いでしょう。

 

歯周病等でも口臭を強く発し、意外と自覚症状が出ないものでもある為、気づかず過ぎ去ってしまっている場合もあります。

 

口臭の原因と予防方法についてまとめ

口臭はただたんに、口の中だけの事と思われがちですが、大病のサインである事もあれば、ストレス等の精神的なものもあったりと原因は様々です。

 

まずは、自身でできる対策や予防として口臭ケアをグッズを利用したりしながら試してみる事がお勧めです。

 

万が一、継続していても変わらないようであれば、病院等を訪れて相談してみましょう。